bonの暮らし

中学時代は不登校、今はオトナの反抗期。

先を越される人生の先輩

どうも。bonです。

 

会社にはまあ、なんとなく行ってます。

転職サイト、転職エージェント、いくつか登録して、職務履歴書も書いて、写真も撮って・・・

ここまできたのに、どこにも応募さえできてないです。

 

こうしてモノ書きに関連する仕事がしたいとおもっていたのですが、やはり迫りくる不安は大きく、これでいいのか、と悩んでしまいます。なるようにしかならないのに。

 

 

 

 

一週間くらい来なかった一番年齢が低い女の子がいて、今日、彼女が久々に職場に来たんですね。

そしたら、「ちょっといいですか」って言われて。「どうした?」って聞いたら、「急なんですけど、今日でやめることになりました」って。

好きなことがしたい、と。資格をとるためには学校に行かなくちゃいけないから辞めると。

 

わたしは小さな声で「大丈夫。わたしも同志だよ」と答えました。

 

そして心のなかで思ったのです。

 

「うえええええ、先越されたああああああ」

 

こんなブログ書く前に、やることたくさんあるんですけどね。

 

 

正直、県内で転職でもいいかなって思い始めた部分もあります。

 

同級生の彼(元カレじゃなくて好きな人)の関連会社が、わたしのやりたい職種で秋季募集をかけていて。

まあ、会うこともないだろうし、やってみようかな、と思う反面、県内で誰も知らない人はいない大企業・・・つまり、もっとブラックな労働環境に身を置かねばならないということになるのです。

 

万が一採用されても、これにはさすがに耐えられない。

わたし、またぶっ壊れる可能性が出てくる。

 

それに、思ったんです。

「彼がいなくても応募するのか?」

「彼に会うことがあって、自分と近い女性と付き合ったりしたら耐えられるのか?」

 

・・・はい。無理ですね。

 

彼とはもう数か月連絡がとれていない状態です。

彼と仲のいい同級生に情報を聞いたり、電話をかけたりしたのですが、やっぱりだめで。このままだとストーカーって言われても仕方ないな、っていう状態まで来てしまったので、LINEをブロック、そして削除しました。携帯の電話帳からも消しました。

 

でもね。

やっぱり連絡とりたいなって思ってしまって、せめて非表示→削除にしようとしたら、なんと、ブロ削してしまうと再登録できないんですねww しかも、彼は電話番号で登録を拒否しているようで、まっっったく出てこないんです。

自業自得ですけども、やっぱりかなしくなりました。

もしかしたら、彼はLINEで連絡をとってくるかもしれません。でも、わたしの携帯の番号は登録していないだろうし、登録していたとしても携帯に直接かけてくるなんてことはしない人なので・・・

 

わたしがすること、できることはひとつしかありません。それを男友達に託しました。

本当に県外に出ることになったら、わたしはそれを実行します。

 

 

まあ、あの、まとめるとですね、

わたし、彼のこと忘れられなくて困ってます。それだけじゃないけれど、それが転職を進められない原因のひとつになってます。ということです。

 

相変わらず読みにくくてすみません。読みにくいってわかってて書いてます。

※本当はきちんとした日本語で文章を作ることが可能ですが、脳が回りませんという言い訳

 

とりあえずねます。

じゃあね。