bonの暮らし

中学時代は不登校、今はオトナの反抗期。

こころが目に見えない理由。

最近、小中学生の自死がニュースになることが多いです。

ある程度、お金をもって、外の世界が広くなってくると、危険な場所から逃げたり、自分が選んだ病院行ったりできるんだけど、15歳以下の人たち、15歳以上でも誰かに縛られている人たちは、思うように動けない。

何かのつながりでここに来た、現実と戦う勇者さんへ。(いるかわかんないけど)

これだけは伝えたい。

「世界って、日本って、自分が思っているより広いよ。」

ってこと。

 

今は誰も自分のことをわかってくれないかもしれないけど、

生きていれば、わかってくれる人はいるから。絶対に。

「もっとつらい思いをしている人がいるから、自分は耐えなくちゃいけない」なんて、絶対に思っちゃだめだよ。

 

擦り傷は、消毒して、ガーゼか絆創膏を貼れる。

切り傷も、消毒して、絆創膏を貼れる。

骨折したら、病院行って、固定してもらう。

(大体の人は)同じ身体の構造してるから、同じように対処すればいい。

それで治るんだから。

 

だけどね、こころは人によって、大きさも強さも違うんだよ。

他人のこころは目に見えないから、しんどさとか苦しさとかわからないけどさ。

こころの痛みは、他人と比べるものじゃない。 

あなたが今抱えている痛みは、あなたにしかわからない。

 

骨折してる人に絆創膏貼ったって治らないでしょ?

もしそのまま治ったとしても、骨が歪んじゃうかもしれない。

 

比べちゃダメなんだ。

 

比べるものじゃないんだから。

 

今、必死にあがいて、助けを求めても、

誰もわかってくれないかもしれない。

だけど、絶対にいるから。

生きろ、なんて言わない。

 

ただ君が、息をして、ごはんを食べて、お手洗いに行って、

ただそれだけでいい。

 

君が大きくなったとき、

君はそのへんの人間より優しい、人間らしい人間になれる。