bonの暮らし

中学時代は不登校、今はオトナの反抗期。

どきどき

こんばんわ。bonです。

 

短期の派遣でどうにか生きています。

最近は、やっぱり実家を出ることが最優先だと、就職を決めようと思っています。

がんばるー。

ちなみに県外の予定です。決まったら隣県の親戚を頼る予定・・・。

だめだったら消費者金融から借金してでも家を出る覚悟です。

 

 

そこまで決めているのに、やっぱりなんだか失敗する気がして、なかなか履歴書も職務経歴書も進まない。

無意識に抑圧されているんでしょうね。おそろしい。

 

 

今日は、バイトに必要なものを買いに行きました。

帰宅すると、弟の嫁さんが洗濯物をたたんでいたので、あれ・・・?と思ったんですね。(普段やってる気配ないので)

で、わたしは何も考えずスルーしてメイクを落としました。

嫁さんじゃありませんでした。母でした。

なんだか小さく見えました。(嫁さんの背は小さいので。)

 

 

三年くらい前に母は手術をするからとダイエットをしたんですね。

それからずっと痩せてるんですけど。

なんか、そのときよりすごい痩せてた気がしました。

泣きそうになりました。抱き着きたくなりました。

おかあさん、おかあさん・・・・・・。

 

 

でも、わたしの求める母はいないのです。

この世界に存在しないのです。

だから、わたしのなかに母を作らなくちゃいけないんです。

 

 

前も書いた気がするけれど、わたしを甘えさせてくれる母はどこにもいないんです。

 

 

自分の人生を生きるって、やっぱりつらい。

でも、誰かのための人生を生きるなんて、もっとつらいことを知っている。

ロボットじゃない。わたしは人間なんだから。

 

 

先日、わたしがやりたい仕事のバイトの面接に行ってきたんですけど、

なんだか夢を応援されることが多いです。最近。異常。

やっと自分の世界が回り始めたからかな?