bonの暮らし

中学時代は不登校、今はオトナの反抗期。

トラウマとは非常にこわいものであるな…

こんばんわ。bonです。

昨日は昼間出かけておりまして、そのせいか夜にちゃんと寝れました。

一時間置きに起きてしまったけれど。

 

 

で、昼夜逆転はなおったんですけどもね。

 

 

ここからが大問題ですよね、家族との接触を避けている人間は夜型のほうが絶対的にいいわけです。

家族が寝ている間にこそこそできるからね。

 

 

今日は一日、絶望しながら過ごしていました。

きっと明日も。

 

 

そして、親が帰宅した先ほどです。

父親が怒鳴ってました。

 

 

わたしは、父の声が非常にこわいんです。

よくわからないタイミングで怒鳴られるし、淡々と怒るときもあって、どこにスイッチがあるかわからないし。

親が話をしていて、その会話を聞いていないときに、母に「ねえ、お父さん怒ってない?」と聞いたことがありました。

母は笑いながら、「怒ってるわけないじゃーん。」と答えていましたが、今考えれば相当な傷だったんだなあと。

弟が変声期を終えたときには恐怖二倍ですよ。どっちが喋ってんだかわかんないんですから。

 

 

ビクビクしながら、本当につい先ほどまで毛布にくるまって、携帯も画面暗くして……。

 

 

正直、今も落ち着いていません。

 

 

もうこうなると早く家を出たい一心で、失踪マニュアル読んだりしちゃうんです。

これは今に始まったことではなく、大学時代からありました。

こんな家、もういられない……。逃げたい……。失踪したい……。

という感じになり、日記に殴り書きしたり。

 

 

わたしが海を好きな理由って、ちょっとの間でも現実逃避できるからなんでしょうね。

相当ヤラれてる……今も……。

 

 

海がある隣県に祖父のお姉さんが住んでいるんです。その方がわたしにハガキを送ってくれたことがあるんですね。

で、つい最近、ハッとしたんです。

年賀ハガキとかもらったお手紙を集めている入れ物に、ハガキがあるんじゃないか?と。

ありました。ハガキ。

そこに住所が書いてあったので、調べてみるとちゃんとおうちも実在してました。

今もそこに住んでいるのかわからないけれど。

そこに住みたいとか考えてしまうわたしはどこまでクズなのだろう……(笑)。

二月くらい甘えさせてもらって、そっちで仕事決めちゃえばこっちのもんですよ。

はあ……。

 

 

 

 

 

このブログに書いたか覚えていないけれど、夢を見たんです。

どれくらい前かな、一か月くらい前かな、

父に呼び出されて階段を下りていくと、途中で父に包丁を向けられるっていう夢。

でも何故か私も護身用にナイフもってんすよ…どっこいどっこいですよ…。

自立心が裏目に出ました。

本当に恐怖でしかない。未だに(いつか刺されんじゃねえのかなあ)って思ってます。

 

 

ここだけの話、刺してくれたほうが楽かなあ、と思ったり。

いくらぷー娘とはいえ、生きてる人間刺しちゃったら、世間の目は相当痛いですからね。

私は簡単に家を出られるだろうなあって。親戚はかくまってくれるだろうなあって。

 

 

なーんてどこまでも甘ったれてますが、月曜日、面接行ってきます。