bonの暮らし

中学時代は不登校、今はオトナの反抗期。

本能に負ける人間

これまで生きてきて、何度か母に訊いたことがあります。

 

「どうして弟を産んだの?」

 

そう、わたしと弟は年子なのです。しかも、学年的にギリギリ。

(つまり、実質2年離れている期間もあるということです)

 

そのころ、子ども同士は年を離したほうがいいと、世間に洗脳されていたので、訊いたんですね。

 

答えは、

「だって、大きくなってくるとさ、また小さい子に会いたくなってくんのよ。」

 

つまり、大きくなってわたしはかわいくなくなってきた。←当然です

わたし以外にもう少し小さい子がほしい。

 

信じられませんね。

いやいや、そう思っていても、実の娘にそういうこと言えるの神経を疑うわ。

 

どの動物も赤ちゃんてかわいいですよね。

実はそれ、本能的にプログラミングされているんです。

この子は赤ちゃんだと。(猫や犬も人間の赤ちゃんには優しいですよね。)

 

これを「ベビーシェマ」と呼びます。

これをうまく使っているのが数年前にヒットした「ゆるキャラ」です。

 

つまり、ベビーシェマに沿わなくなってきた娘がかわいくなくなってきたから、

次の子どもを作っちゃったんですねえ。

 

はあー。ばかばかしい。

 

わたしは記憶にないですが、弟のおしゃぶりを奪ってまで咥えてましたからね。

実際に写真もあります。

そのあと、爪噛みに発展するわけですが。※現在はしてませんよ

 

心理的余裕がないなら、作るな産むな。

余裕がなくなって、甘えられる環境とか相談しないんだったら、作るな。

 

このスタンスはたぶん一生崩さないでしょうね、わたし。