読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bonの暮らし

中学時代は不登校、今はオトナの反抗期。

初めてのODのはなし。

やぽ。bonだよ。

自殺も筋取りもしてないよ。なんとか生きてます。

 

九州地方の方々、とても心配です。

毎日ニュースを見ては、余震の恐怖は、こちらでは想像できないものなのだろうな…と苦しくなります。

わたしたちにできることは、限られていますが、精一杯生きて、少し落ち着いて来たら観光に行きたいと思っています。温泉に入れたらいいなあ。

一緒に生きましょう。

 

さて、先日のODの話の細かい話をしましょう。

不登校から脱却しようと、がんばって無理に生きていたとき、耐えられなくなり、ODをしました。しかし、結局母帰宅。

 

入院したのは総合病院。

通院していたのは個人病院。個人病院には見放されました。「もう、うちでは見られない。その薬はそういうことにならない(自殺しない)安全な薬だから。」と。(この病院が今でも「良い病院」という評価がされていることも腹立たしくなることが起きます。)

 

結局、総合病院に車で向かいました。

膝がずっとガクガクと震えていました。わたしはおかしくて笑っていましたが、隣に乗っていた弟はものすごく心配そうな顔をしていました。(もうしわけない…)

 

「とりあえず体温測ろっかー。」

そこからレントゲン室まで運ばれた記憶までしかありません。

気が付いたら点滴を刺され(痛みがなかった)、ナースステーションの隣に寝てました。

「お薬が胃にないから、腸のお薬を出すために炭入れるからねー」

どうやら、後遺症が出る可能性があったらしい。鼻から胃まで、すごい太いチューブ入れられて、そっから活性炭入れられました。

 

学校の先生たちも来たりとかして。

ODを考えている人たちへ、これだけは言っとく。

生きてると、クッソ、恥ずかしいからね。(鼻からチューブは本当に)

 

まあそれは置いておいて。

入院中、ここでも父のとんでもない言葉が出ます。

「だからお前に1リットルの涙は見せたくなかった。」

と。

※「1リットルの涙」・・・沢尻エリカさん主演で、フジテレビでドラマ化された物語です。

(そういえば、最終回を見て泣いていたのをすごくバカにされた記憶がある・・・)

 

 

娘を"かまってちゃん"にしたくなかったのでしょう。

しかし、まだ13、14の小娘です。そんなことをしても、まだ許されるでしょう。

というか、中二病とかいうけど、中二がそういうことをしていても許されるってことよ。恥かくことは、若いほうが絶対いいって。「あー、若気の至りねー。」で終わるんだから。

(親や教師の前ではいい子のフリをしていたけど、体育館の裏で花火したり、コン〇ームに水入れて割ったり、授業抜けだしたり…結構そういうことしてたw)

 

きっと父は世間体を気にしていたんでしょうね。

腹立たしい・・・。

 

そこからもっとつらい不登校期間が待っているわけですが、とりあえずこの辺で入院は終わらせましょう。

 

さて、本題はここからです。

ODした際に、当時処方されていた薬を全部飲みました。

睡眠導入剤の名前は覚えていませんが、あと一つ飲んだ薬は覚えています。

 

ルボックスです。

 

SSRIの一つで、3年前に添付文書が改定されました。

抗うつ剤の投与により、24歳以下の患者で、自殺念慮・自殺企図のリスクが増加するとの報告があるため、本剤の投与にあたっては、リスクとベネフィットを考慮すること。」

 

どういうことか、わかりますか?

 

環境のせいもあるでしょう。

生まれ持った性質もあるでしょう。

 

しかし、もしかしたら、薬が一因だったかもしれないのです。

それは治験に関係しているようで、25歳以上の健康な人しか治験データがないんです。それで、海外の国でSSRIの調査をきちんとした結果、文書が追加されたんです。

 

良くも悪くも、薬は脳に影響を与えるわけで。

それが市販の風邪薬ではなく、精神科や心療内科で出される薬。そして、患者が思春期真っ只中

リスクとベネフィットを考慮って、「当たり前」であるべきじゃないのか・・・?

つまり、それまではポンポン出されていたってこと。こんなに怖いことないですよ・・・。(今もそうかもしれないけど)

 

さて、ネットの情報を鵜呑みにした自論を展開しましたが、

結局は、子どもをきちんと見ているのか。愛してくれているのか。に尽きると思います。

アテクシは、一生の反抗期真っ只中で、相変わらず祖母と弟としか話をしないし、両親になんて顔を合わせていません。最近、夜中にご飯食ってると、父がブチ切れる雰囲気というか、イヤな予感がするので、その前に家を出たいと思います。

 

ではまたー