読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bonの暮らし

中学時代は不登校、今はオトナの反抗期。

ふたつのじぶん

引きニートから日雇いバイトへ転身したbonです。

咳が止まりません。風邪か?

 

さて、今回はこれまで以上に実のない話をします。

 

一日休んだだけで、「あぁ、死んでしまえばよかったなぁ」という気持ちが沸いてきました。

 

別に、将来のことがどーのこーのっていうわけじゃなくってね。

(離人感がハンパないのに、つまり現実もまともに考えられないのに、将来とか未来とか考えられるわけがありません)

 

立ち止まって、死にたいという気持ちがAだとして、

後ろから見ているのがBだとしたら。

 

BはAに糸をぐるっと巻いて、後ろから引っ張っている、みたいな感じです。

 

Aは、死に向かっている。Bはそれを止める。

 

最近、ある映像が浮かんできます。

自分の左腕をパックリとカミソリで切っているんです。

深さで例えると、2,3cmくらいで、長さは15cmくらいの傷。

血は驚くほど出ていなくて、ただただ傷があります。(ささみの筋取りするときに切る感じ)

 

きっと、本来の自分はAなんだけど、まともにそれ受けちゃったら、死ぬから。

Bが必死に、生きろ、と引っ張るんだけども、だめだね、どうも、BもAにつられてきてる。

 

あのとき、粉々になって死んでしまえばよかった。

真実を知っているのは、ゼミの先生だけ。

 

粉々になった遺体って、どう処理するんだろう。

単純に疑問だなあ。

 

今、試しに爪で皮膚を引っ張ってみたけど、全然痛くない。

 

あれ、やっぱりこのままだと、ささみの筋取りしちゃいそうだわ・・・。

 

自分がこわい。