bonの暮らし

中学時代は不登校、今はオトナの反抗期。

彼はきっと緘黙症

こんにちわ。bonです。

先ほど帰宅しました。

・・・つかれた。気疲れがすごい。

そして離人が酷くなった。

行かなきゃよかった。帰宅しても寝れない。くつう。

 

 

おじさんが言うには「気分転換になったでしょ」

・・・なってません。わたし、お金がないから家から出ないだけで、気分が落ち込むから外に出ない訳ではないんです。

至って通常運転なんですよ。周囲が「不幸者」として見てるだけなんです。

わたしはわたしを幸せにするための準備をしているだけなんです。

もう、本当に疲れた。何もわかってない。自分視点の世界。

「子どもを憎む親なんていない」っておじさんはいうけど、そんなの世界が狭すぎる。

時には突き放すのも愛情だよ。突き放されない、スライムのようにまとわりつく歪んだ愛情はいらない。

 

 

緘黙(かんもく)症。

わたしの同い年の従兄弟はきっと緘黙症です。

幼い頃から、自分から話すことはありませんでした。聞けば返事はするけど。

私たちは、大人しい子どもだったので、よく二人で一緒にいました。

彼はいま、父(おじさん)の元で働いています。高校卒業直後は独立してなかったので、その間は事実上のニートだったのかも。

 

 

ただの人見知りで、そこらへんにいるあんまり話さない人なんじゃないの?

と思われてしまいそうですが、違います。

彼、あまりに話さなさ過ぎて、病院をたらいまわしにされ、原因がわからないだの、よくわからん薬を飲まされただの、とあったようです。

まるでわたしのよう。

 

 

原因がわからないなんて、当然です。

周囲の自覚がないのだから。不幸者はひとりでいい、と。

 

 

わたし、彼はよく生きてるなあと思います。

口うるさい自己主張の激しい親父と、物静かな母。暴れる兄。口が強い祖母。

昨晩、ずっと考えていました。

・・・緘黙症の人って、そのうち消えてしまうのではないか?と。

彼は本当に何も話さないので、何を考えているかわからないんですね。

それに、今回は彼が出かけたという話の収穫はなかった。(前回はわたしの地元に来た話を聞きました)

この前はなかった左耳のピアス。わたしがいることで、過剰な気遣い。

きっと、わたしの何倍も何十倍も他人の考えや気持ちがわかるんでしょうね。

 

 

爆発するならいいんです。

病気でも、自傷でも、ネットの世界でも。

でも、彼はふっと消えてしまいそう。

 

 

連絡先を聞きたいけれど、彼はわたしのことが大嫌いかもしれない。ただ拒否できないだけで。

だから、何もできずに帰ってきました。

 

 

最初は、口に出さないから楽かなあ?と思っていましたが、

よく考えたら、話したくないのに、話せないのに、それが文字に変わったって伝えるはずがない。

 

 

ただただ、わたしは彼に問いたい。

 

 

いま、しあわせ?

 

 

彼は、親の過剰な愛情を受け続け、実質支配されている。わかっていていけないことをする兄、それを激怒する父。大事な時に助けてくれない母を見て、学習性無力感で自分から行動することができなくなった。

・・・それで幸せならいいんだ。わたしはその幸せを崩すことなんてできないよ。本人が壊れていなければ。自覚がなければそれでいい。動物園で生まれた赤ちゃんは、外の世界を知らないほうが幸せ。

 

 

だけどもし、彼が現状に満足していない、納得していないのであれば、それは大問題な訳で。

 

 

もしわたしにお金があって、家を出ていたならば、無理やりにでも実家から連れ出したでしょう。

 

 

世界はこんなにも広いんだよって。

心の底から楽しんでいいんだよって。

わがままだって言っていいよ、それが自分なんだよって。

 

 

彼ねえ、俗にいうイケメンなんですよ。

長身だし。まあちょっと細すぎるけど(笑)。話せないのに、高校時代彼女がいたこともあったし。

だから、余計もったいないなあ・・・っていう、ただのババアの心配です(同い年)。

 

 

うーん、やっぱり連絡先くらい教えてもよかったのかなあ。

アクションを起こせなくてちょっぴり後悔中。

 

 

ていうか他人の心配する前に自分の心配をしろという話です。

とりあえず寝ます・・・。

 

 

 

そろそろ、おbonですね。

おbonですね。が言いたかっただけですごめんなさい。

こんにちわ、bonです。

 

 

実は、お盆の間、(いろんな意味で)遠い親戚のお手伝いをすることになったんです。

本当は身バレするのがこわくて、終わったら書こうかなと思っていたんですけど。

もう発狂しそうなので書いちゃいます。

 

 

きっと母とは共依存状態なんですね。

話しかけられる度にもっと話したいとか、買い物に一緒に行きたいとか、

そういう欲望が出てくるんです。

 

 

そんな状態で、話しかけられて、

そろそろ発狂しそうですよ。

普段は言われないことも言われたりして。

もうどうしたらいいんだろう。って。

 

 

で、昨日気づいたんですけど、

親はわたしを家から出したいのかなーって。

もう帰ってくるなとか言いそうだなって。

・・・そこまでのことを考えられるのかよくわかりませんけども。

 

 

そういうことを考えていると、自分の思考にも影響してくるわけです。

さっきまで置き手紙書いてましたからね。もう帰ってこないよ、と。失踪宣言です。泣きながら捨てましたけど。

正直、失踪してもいいんすけど、何せこっちで仕事があるんですよ・・・お盆明けに。

そうなるともうどうしようもないっていうか。

仕事先には迷惑かけられないっていうか。お金もないし。

 

 

引きこもりってどうせ仕事したことねえんだろ?

全部お金出してもらってるんだろ?

そう思われる方々って少なくないと思うんですよね。

でも実際は、結構働いていた経験をお持ちの方が大半なのではないかと。

働いていく中で、自分を自分で支えられない、または代わりに支えてくれる人がいないからこうなるのだよと、思考が足りない人に教えてやりたいですね。

 

 

ああ、親戚の家で何言われんだろう。

ここではニートだの引きこもりだの、自分を卑下して書いてますが、派遣だからな・・・実際は。 

卑下してると色んなひとに怒られる。

「そんなのニートじゃないよ!」

「別に引きこもりじゃないんじゃん。」

そうっすね・・・。あっは・・・。

でも卑下しないと、自分を奮い立たせることはできないです・・・。

 

 

あー、何を書いているのかわからなくなってきました。

ちょっともうひと眠りしようかなあ。

 

原因は腹痛ちがう、複数ありました。

あまりにも調子が悪いです。

端的に4つ。

  • お月様の日の前だから。
  • さっき見た夢がグロかったから。
  • 最近母に話しかけられるから。
  • 友達の陽性転移。

 

さっきまでものすごく気味悪い夢を見ました。

ちょっとグロ注意。

 

洗濯物を干すところにクモさんが巣を張ってて(現実でも)、

子どもがたくさんいるんです。

なぜかクモの巣を掃除してたら子どもグモが口のなかに・・・・・・。

吐いても吐いても出てくる出てくる。

終いには口の中に大量のクモの巣。

 

 

・・・寝起き最悪ですよね。

でも、クモの夢っていい夢みたい。(というか虫関連?)

大量のクモはストレスの象徴(笑)

そしてクモは女性の象徴、あながち間違っていない・・・・・・。

最近、母に話しかけられることが多いんです。

そしたら昨晩はまた号泣。おかあさんに会いたい病。詳しくは過去記事へ。

泣き出したインナーチャイルド - bonの暮らし

 

 

まあお盆が近づくとね。

いろいろあるんすよ。わしにも。

 

 

さあて問題はここです。

心理的な距離を保ち、悩み相談、いうたらカウンセリングみたいに、友達の感情をわたしが反復させていたことが原因なんですけどもね。

最近、その友達に対して、まあこう、(あーうぜぇ...)ってなっちゃうことが多くて。

友達が理想の母親像をわたしに重ねているのはわかっていたんですけど。

でもわたしは臨床心理士でもないし、カウンセラーの実績もないわけで。

「陽性転移」を彼女はわたしに起こしているんです。

わたしは受け入れられないので、嫌悪を感じる。

 

 

だるいし、寝てると夢見るし、起きてるとしんどいし。

もういやです・・・(笑)

 

 

憂鬱。

こんばんわ。bonです。

 

 

なんでしょうか・・・

憂鬱な毎日です。

何かをしたいとか何かを食べたいとか

そういう感覚がないです。

 

 

ごはんを機械的に食べるだけ。過食も拒食もないです。

ただただ、淡々と食べるだけ。

正直、衝動はあるんですよ。

コーンフレークを具合が悪くなるくらいまで食べたい!

辛いものを思いっきり食べたい!とか。

でも、口にすると、ああもういらねえな……って衝動がなくなってるんです。

別の衝動もありますけど(お酒とかたばことか)、それもなくなっちゃうんです。

 

 

なんなんでしょう。

もうなんだか疲れました。

 

 

やりたいことも進まず。

なんだか、うーん・・・という感じです。

とりあえず寝たいと思います。

おやすみなさい。

 

思考の歪み

こんにちわ、bonです。

 

朝から雨が止まず、お昼頃止んだり、また降ったり。

気圧で体調不良になるわたしは、体が悲鳴をあげます(笑)。

 

 

しんでしまいたいな

 

きえてしまいたいな

 

 

そう思ってしまっています。

でも、奨学金の返済もあるし、わたしはいろいろな借金を背負っています。

だから死ねないなって思っていたんですけどね。

死んだら保険おりるじゃん、って思っちゃいました。

 

 

かといって、未遂で終わったときの絶望感はないですから、

死にませんけども。

 

 

きっとね、思考の歪みの影響って本当に大きくて。

家族環境、持って生まれた気質などなど、いろいろあるけどもね。

やっぱり下向いてたら、虹は見られないわけでね。

 

 

とは思いつつ、中間的な思考がぐるぐるぐるぐる。

 

 

「本当に自分っていうものを持ってる人は強いです。そこまで考えてたら大丈夫です。」

一昨日の派遣でちょっと話した人がいて。

その人も今どん底にいるはずなのに、そう言ったんです。

わたしもその人にそういうことを言ってたんですけど、まさか自分が言われるとは思っていなくて。

 

 

類は友を呼ぶって、本当にあるんですね。

自分がない人間は、簡単に崩れてしまうから。

 

 

本当に合っているのかなあ。

本当に大丈夫かなあ。

そうおもっても、結局世界はなんとなくて回っているから。

なんとなくで生きられるよ。

 

 

さあて、ちょっとずつ動こう。

だいじょうぶさ。きっと。

つらくなったら、たすけてっていえばいいよ。

 

卒業式

突然ですが、わたくし先日寝ていたところ、うなされて起きました。

そして、目があかない状態で、何かしゃべっていました。

その夢の内容を文字に起こしてみたので、よかったら読んでみてください。

但し、わたしが見た夢の話なので、現実味がないだの面白くないだのという苦情は受け付けておりません。わざと、ですます・である調で統一していません。

そして、主人公の一之瀬香ちゃんが話していることは、だいたいわたしが言いたいことと合っています。答辞を読み終わって話は終わってしまいますが、わたしがそこで目が覚めちゃったから仕方ない。

加えて、bonの偏った頭の中身が出ちゃっただけなので、「ああ、こういうやつもいるのね」くらいに思っていただけたら幸いです。二千字近くあるので、お暇なとき、そしてメンタルが強いときに読んでみてください。

スクロールするとはじまります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は卒業式。

卒業生は、わたしを除いて二人しか来なかった。ボイコットだ。

 

三百近くのパイプ椅子にたった三人だけ座るというのは、あまりにも異様な光景だった。担任が私たちに、近くに座れと指示を出した。

 

「ねえ、答辞誰がやんのかな。」

直子が聞いてきた。

「わかんないよ。」

 

 私と直子、大祐は、ボイコットから外されたメンバーである。

 友だちに裏切られたわけではない。直子は天然で、クラスメートの話をちゃんと聞いていなかった。大祐はこの場を単純に楽しんでいる。

 

「答辞、雨宮直子。」

 

 当然だが、直子は焦る。

「何も考えてないよ。」

「いいよ、適当なこと言って来いって。」

 大祐が小声で言う。

 

「えーっと、あのぉ……。今日は、このような場をご用意いただいて、ありがとうございます……。」

 

 在校生と保護者、教員、来賓、みんな落ち着きがない。

 でも、こんなことは予想済みだ。

 直子がなんとか答辞を終え、席に戻ってきた。

「どうだった?」

「どうこうもないっしょ。」

 だって、準備してないんだもん。

 私は微笑んだ。

 

 まだ落ち着きがない会場の体育館で、わたしは一息おいて、立ち上がった。一応、来賓と教員に頭を下げ、ステージに上がった。

 

「こら、勝手なことをするんじゃないよ。」

 禿げ頭の教頭が小声で言った。ほっとけ。

 

「本日は、このような式を挙行していただき、ありがとうございます。先ほどの答辞は、準備不足でした。当たり前ですよね、さっき名指しされたんですから。」

 

 また会場がざわめきだした。

 

「少し、私の話を聞いていただけますか。今から、卒業生がなぜ三人しか参加していないのかを、ご説明します。」

 

「実は、本来ここには、私しかいない予定でした。答辞を読んだ雨宮は天然でここにきてしまい、若林は単純に興味本位でここにきています。

どうして、卒業生が、卒業式に来ないかわかりますか?

戦後、日本では過剰な人口減少により、子どもを沢山産めという暗黙の了解がありました。その子どもたちは、きちんと愛情を受けられたでしょうか。いいえ、そうではありません。親だって、苦労を強いられてきたのです。平等に愛情をささげることは、不可能に近い。その子どもたちが結婚し、子どもを産み、きちんと愛情を捧げられたか。受けてもいない愛情を、子どもに捧げることは無理です。自覚がない限り。

ゆとり教育は失敗だ。大人たちは子どもたちを失敗作のように言いました。子どもたちは勉強がしたかったのに。余裕のない教員が、ゆとりのある教育を?そんなの無理に決まっているでしょう。

親の言いなり、教員の言いなりに生きて、死んでいく。そうして日本は育っていました。しかし、学校に通えない子ども、いじめるいじめられる子ども、みんな子どもは、何かを抱えて生きています。その何か、とは、みなさんが親から、祖父母から、曾祖父母から受け継いだ、「愛情の不足」だ。今ここにいる子どもたちは、とてつもなく重いリュックを、生まれたときから背負わされている。

つまり、日本の教育は失敗だったということです。

私たちが求めているものは、お金じゃなく、ノーベル賞でもなく、心のゆとりです。

いつまで「いい子」でいなきゃいけないんでしょう。いつまで「世間体」を気にするんでしょう。いつになったら、私たちの自由は手に入れられるんでしょうか。

今日ここに来なかった卒業生たちの気持ち、思い、少しでも伝わりましたか?

これだけ話しても、わからないという方がいらっしゃるでしょう。その方々に向けて、もう少しだけ、説明をします。」

 

ガタガタと、椅子から立ち上がる人たちがちらほら。

 

「海で気持ちよく泳いでいた魚は、愛する人との間に子どもを産みました。その子どもたちには、見えないおもりがついていました。でも、親には見えないので、ちゃんと泳ぎなさい、しっかりしなさいと厳しくしつけました。その魚たちがまた子どもを産み、育てました。今度は倍以上のおもりがついています。それも親魚には見えません。教わったように小魚を育て、おもりが重くなっていく。いつの間にか、魚たちは気持ちよく泳ぐことを忘れてしまっていました。どうしてここに生きているんだろう。どうして僕たちはここにいるんだろう。そんなことを考える毎日。

とてつもなく重いリュックを背負って、毎日毎日、苦しみながら生きているんです。

いい加減、私たちを解放してください。

 それが、ここに来ない卒業生の意思です。

 恨みや憎しみは、とてつもなく大きいエネルギーでできています。どうか、まだ恨まれる存在でいてください。卒業生代表、一之瀬香。」

 

 

 

どきどき

こんばんわ。bonです。

 

短期の派遣でどうにか生きています。

最近は、やっぱり実家を出ることが最優先だと、就職を決めようと思っています。

がんばるー。

ちなみに県外の予定です。決まったら隣県の親戚を頼る予定・・・。

だめだったら消費者金融から借金してでも家を出る覚悟です。

 

 

そこまで決めているのに、やっぱりなんだか失敗する気がして、なかなか履歴書も職務経歴書も進まない。

無意識に抑圧されているんでしょうね。おそろしい。

 

 

今日は、バイトに必要なものを買いに行きました。

帰宅すると、弟の嫁さんが洗濯物をたたんでいたので、あれ・・・?と思ったんですね。(普段やってる気配ないので)

で、わたしは何も考えずスルーしてメイクを落としました。

嫁さんじゃありませんでした。母でした。

なんだか小さく見えました。(嫁さんの背は小さいので。)

 

 

三年くらい前に母は手術をするからとダイエットをしたんですね。

それからずっと痩せてるんですけど。

なんか、そのときよりすごい痩せてた気がしました。

泣きそうになりました。抱き着きたくなりました。

おかあさん、おかあさん・・・・・・。

 

 

でも、わたしの求める母はいないのです。

この世界に存在しないのです。

だから、わたしのなかに母を作らなくちゃいけないんです。

 

 

前も書いた気がするけれど、わたしを甘えさせてくれる母はどこにもいないんです。

 

 

自分の人生を生きるって、やっぱりつらい。

でも、誰かのための人生を生きるなんて、もっとつらいことを知っている。

ロボットじゃない。わたしは人間なんだから。

 

 

先日、わたしがやりたい仕事のバイトの面接に行ってきたんですけど、

なんだか夢を応援されることが多いです。最近。異常。

やっと自分の世界が回り始めたからかな?