bonの暮らし

中学時代は不登校、今はオトナの反抗期。

世界が変わる

bonだよー。

この前の記事

 

bonbonbon3.hatenablog.com

 は、実はずっと下書きされていたものを公開しただけです。

 

最近は、結構充実した生活を送っています。

少なくとも、タイピングが思い通りにできないくらいは。

 

占いとか、神様とか、信じない部類ですが、昨年までは大殺界だったんです。

なので、今年は本当に手ごたえを感じています。

ただ、自分の目指す夢にかける時間が思うように取れないです。

・・・仕事が慣れてきたら、時間をつくれるのかなあ。離人はすでに出てきてしまっているけれど。

 

これから、このブログの更新は本当に少なくなると思います。

なぜなら、自分の闇に向かい合っている時間がないからです。

 

わたしは、大学時代に、ある先生に言われたことがあります。

「あなたは今、過去の苦しみやつらさと向き合っているかもしれないけれど、今はあなたが、過去の苦しみと向き合うときじゃないかもしれない。それは、結婚するときかもしれないし、子どもが生まれたときかもしれない。孫が生まれるときかもしれない。もしかしたら、息絶えるときまで向き合う必要はないかもしれない。そのときは必要なときに必然的に来るから、今、無理して向き合わなくて大丈夫だと思うよ。」

 

自分の首を、自ら絞めなくていいんです。

 

わたしは、この言葉で、だいぶ救われました。

いいの。自分は自分なのだから。

苦しいときは進んで苦しんでいるの。そうしなければ、自分がいなくなってしまうから。

 

大学時代は、カウンセラー(臨床心理士)を目指していたので、「一緒に苦しもう」という感覚がとても大きかったのですが、いまは正直、自分をかわいがり、愛すことの幸せに気づいてしまっています。

つまり、誰かのための記事は書けないというか、書く気がありません。

わたしは、自分を大事に生きたい。辛いことも、楽しいことも、自分で精いっぱい受け止めたいのです。

 

昨日、やっと大学時代のプリントやノートを捨てました。

さよなら、ばいばい、

もう、君たちに会うことはないと思うよ、

今度会うときは図書館かな?

そんな感じです。

 

誰も期待していないと思うけれど、

これからこのブログは健康的になっていくと思います。波はあれど。

 

自分にとってのサクセスストーリーのほうがいいじゃないですか、人生。

でも、ここでそれを書く気はありません。

だから、ここはこのまま残しておきます。同じ思いをしている人の拠り所になれたらいいな、くらいの感じで。

一応、管理ちらちら覗くと思うので、何かあったらコメントしてくださいね。

 

それでは、また会う日まで。

こころが目に見えない理由。

最近、小中学生の自死がニュースになることが多いです。

ある程度、お金をもって、外の世界が広くなってくると、危険な場所から逃げたり、自分が選んだ病院行ったりできるんだけど、15歳以下の人たち、15歳以上でも誰かに縛られている人たちは、思うように動けない。

何かのつながりでここに来た、現実と戦う勇者さんへ。(いるかわかんないけど)

これだけは伝えたい。

「世界って、日本って、自分が思っているより広いよ。」

ってこと。

 

今は誰も自分のことをわかってくれないかもしれないけど、

生きていれば、わかってくれる人はいるから。絶対に。

「もっとつらい思いをしている人がいるから、自分は耐えなくちゃいけない」なんて、絶対に思っちゃだめだよ。

 

擦り傷は、消毒して、ガーゼか絆創膏を貼れる。

切り傷も、消毒して、絆創膏を貼れる。

骨折したら、病院行って、固定してもらう。

(大体の人は)同じ身体の構造してるから、同じように対処すればいい。

それで治るんだから。

 

だけどね、こころは人によって、大きさも強さも違うんだよ。

他人のこころは目に見えないから、しんどさとか苦しさとかわからないけどさ。

こころの痛みは、他人と比べるものじゃない。 

あなたが今抱えている痛みは、あなたにしかわからない。

 

骨折してる人に絆創膏貼ったって治らないでしょ?

もしそのまま治ったとしても、骨が歪んじゃうかもしれない。

 

比べちゃダメなんだ。

 

比べるものじゃないんだから。

 

今、必死にあがいて、助けを求めても、

誰もわかってくれないかもしれない。

だけど、絶対にいるから。

生きろ、なんて言わない。

 

ただ君が、息をして、ごはんを食べて、お手洗いに行って、

ただそれだけでいい。

 

君が大きくなったとき、

君はそのへんの人間より優しい、人間らしい人間になれる。

つかれた

こんにちわ、こんばんわ、bonです。

 

 

仕事が決まりましたが、何も進まないです。

何もしたくないです。生きた心地もしない。

(夢を追うために)お金も働き方も一番望んだ形なのに、です。

 

 

働くから、今月と来月のお金がないといえば、

「いくらでも働けたでしょ」「あんたがいけないんでしょ」

・・・ひどいにもほどがあるなあと。

遠まわしに貸してくれと言っていることがわからないんですね。

 

 

そして延々と父に対しての悪口・文句を聞かされる。

じゃあ父に言えばいいじゃんといえば、お母さんには友達もいないし家でくらい言ったっていいでしょ!もういいあんたとは口きかない!

・・・マジ勘弁してほしい。

 

 

わたしはあんたのお人形さんじゃねえんだわ。

 

 

毒母を持つとしんどい。

加えて、どの父親も子どもが自立してくると、やっと母に対して強くあたる。

聞かされてる身にもなれ。

 

 

久々にエゴグラムったんですよ。

大学時代はW型でした。究極のNPの低さ。(先生にW型がどうこうの前にNPに有意差出てるからそこ注目してねと言われた)

ネットで簡単に調べただけなんですけど(自分が変わっていることを信じて)、

まーあダメでした。やあ、また会ったねW型。

デュセイ曰く「自殺型」。

 

 

結構あこがれている方がいるんですけど、

その人たちって、一体どんな思考してんだろうなって、ふと思うんです。

きっと、私たちと変わらないんだろうなあとは思うんですけど。

どーでもいいな。

 

 

話を戻しまして。

去年の4月の涙事件

bonbonbon3.hatenablog.com

 を通り過ぎて、家族と話をしていない間は、自分のなかのNPを高めていたんですが、それは簡単に崩れ去るんですねえ。

実母のせいで。

 

 

この間、祖母から「孫の顔が見たい」と言われたときは、心底怒りが爆発しましたね。

心からのふざけんなをお届けしたい。

母方の祖母は本当に優しくて、見せれるもんなら見せたいんですけど、

たぶん無理でしょう。うん。ごめんよ。

 

 

はー、いつになったらNPを上げられるんだろう。

いつになったらFCが優雅に遊べるんだろう。

本当に世界が苦痛で仕方ないっす。

 

 

とりあえず寝ます。

もうどうにでもなれ。おやすみなさい。

(一つも記事が上がっていないのに、アクセス数が上がっていてちょっと驚いています。ありがとうございます)

年末年始なのに消えたいあなたへ

こんばんわ、bonです。

お久しぶりです。挨拶は省略しますねぇ。

 

 

本当は、このブログを消そうと思っていたのですが、あまりにも心がしんどすぎて・・・(笑)

 

 

結局、毒されていくのがわかるんですね、家族と一緒にいると。

だから、わざと帰省しない人っていると思うんです。ぜったい。

 

 

誰も守ってくれない。

しにたい、きえたい、なんて今この時、一時の感情。

星空を見ても何も思わない。ただただ、疲れた。

 

 

年末年始は世間が盛り上がってます。

そんなのに乗らなくてもいいよ。

自分らしく生きていればそれでいい。

 

 

たすけて

つらい

つかれた

 

って、言えないよね。

がんばって、悩んで、悩んで、相談したって、こんな時期はみんなバカみたいにパリピなんだから、自分で自分を受け入れるしかない。

 

 

どうか、生きてください。

 

 

簡単じゃないかもしれないけれど、死ねないならそういうことなんです。

仕方ないけれど、受け入れて生きていくしかないんです。

 

 

でも、どうか忘れないでほしい。

あなたが持っている目標、逃げる標的を見失わないで。

 

 

いま、あなたが持っている感情を、とにかく書き出して、

それを自分にしかわからない方法で保存してください。

 

 

苦しくなったら、それを見て、

今に溺れてしまわぬように。

みんな〇ねばいいと思う。

こんばんわ、bonです。

 

 

変なタイトルにしてしまって申し訳ないですが、保育園不足で話題になった〇ね!の意味が通じる人にはわかると思います。わからない人は即ブラウザバックしてね。

 

 

なんだか最近、いろいろうまくいかなくって、

友達との予定をドタキャンしたり(埋め合わせはしました)、

仕事をダブルブッキングでドタキャンされたり、

平日のお仕事がなくなったり・・・で、

よくよく考えたら、いらいらする要素ばっかりなんです。

 

 

わたしはぎりぎりまで爆発しない人間なので、この考え方をどうにかしたいもんですが、なかなかできません。

 

 

前の携帯をウォークマン代わりにしてるんですけど、画像フォルダを見ていたら、瀉血の画像がでてきたんです。

500mlのペットボトルいっぱいに溜まった、計量カップにあふれんばかりの、鮮血。

 

 

・・・瀉血衝動復活しちゃいますよ(苦笑)。

 

 

そもそもわたしは、自傷癖が落ち着いてからは、自傷画像を見ているだけで満足な人間だったのに、もう本当に、ヤラれてます・・・ニードル買いたい。

 

 

まあ、今日久々に記事を書こうと思ったのも衝動で。

 

 

弟の彼女に対して、父は言わないけれど怒っていたんです。

たぶんだけど、「正社員でもないし、何か資格があるわけでもない。お金を家に入れるわけでもないし、自分で暮らしているわけでもない。」って。

いい加減にしろ、という意味で怒っていたんです。人間として。

 

 

で、弟はそれを察して、彼女と外食に行くようになったり、しばらく家に来なかったんですけど、さっき来てまして。

 

 

夕飯に呼ばれたわたしはリビングに行こうと思っている段階で、彼女のスリッパがあるのに気づきました。

うちのリビングのテーブルが小さくて、四人までしか座れないんすね。

 

 

で、台所にこもって食ってたら、母が「あんたこっちにもあるよー」

と言うわけです。

イライラしているわたしは「いらない」と答える。

母は「なーんかイライラしてるみたい」

とのほほんとしているわけです。

 

 

たぶん、わたし、母に期待しすぎてるんです。

なんでそんななの?わたしは?って。

 

 

彼女のことも妹みたいに思うけど、

わたしが大学時代に散々にされた女に行動が似ててすごく腹立たしくなる瞬間があるんです。

 

 

bonがちっぽけな人間だとか思う人は戻ってね。読まなくていいよ。

 

 

こういう苦しみを言語化もできず、

毒水に浸っている間って気づくことさえ許されないから、

ちっぽけだ、人間性が低いとかは、本人は絶対に思っちゃいけない。

 

 

自分を傷つけてもいいけど、

自分を見失っちゃだめ。

 

 

あなたは親のコマでも、言いなりにもなっちゃだめ。

行動はそれに従うけど、内側では絶対的に否定しなくちゃ。

 

 

と、自分に対しても言っています。

 

 

過食衝動のパンチがすごくって、

顔洗ってファストフード店に行くところでした。

 

 

てか、行くかもしれないけど。

 

 

イライラすると、本当にいいこと起きない。

 

 

でも、衝動ってどうにもなんないんだよね。

それも受け入れないと、いろんな人に迷惑かけるからね。

 

 

というざっくばらんな記事でした。

読みづらくてごめんなさい。

Hatena Blog「はよ記事書けや!」

こんばんわ。

お久しぶりです。bonです。生きてます。

 

 

お盆以降、表向きには反抗期が終わりました。

えぇ、ふつふつと異常、出てきております。

 

 

もうね、新しいバイトの連絡が一切来なくてですね、相変わらず短期の派遣を続けている今日現在でございます。

 

 

ぼぉっと生きてて、(何してんだろう)と思っていたときに、はてなさんから「そろそろ書きませんか?」とメールが来ました。

一か月書かないとメール来るんですねえ。

 

 

不安に押しつぶされそうになりながら、

もう生きるのはつらいと言っているもう一人の自分を諭しながら、

生きています。

 

 

幼馴染に夢を押され、単細胞なわたしは再び夢を追いかけ始めました。

 

 

諦めと、恥は捨てなければいけませんな。

 

 

とりあえず、生存報告です。

おやすみなさい。

 

 

何してるんだろう・・・。

こんばんわ。bonです。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

わたしは、なんだかんだで働き、お金も使い、新しい仕事に手を出すところでございます。

最近、つくづく思うのは、ふつうに週5で働けばいいんじゃないのか・・・?ということです・・・。(切実)

お金がないから、動きたくても動けないし、仕事が慣れてくればわたしのやりたいこともできるし・・・。

何より、派遣の単発とか土日のバイト入れてると、あたまがパニックです。マネージャーほしい。フリーランスの人たちって大変だなあと思います。

 

でも、きっと、本当にこのままでいいのかと思う日がくるでしょうね。

今はとにかく耐える時間。

 

 

将来に不安を抱くのは当たり前のことだし、

転んでも、前を向いていないと自分の目指す将来って手に入らない気がしていて。

 

 

うん。

いろいろ言いながら、考えながら、生きています。

色んな仕事をしてると、なんだかんだで柔軟性あんじゃねえの?って思いますね。

そこを楽しめるかどうかなんでしょうね。

 

 

お盆が終わってから、家族と少しずつ話をするようになりましたが、

自分から毒を蓄えているのではないかと思う時があります。

 

 

他県に出るとか、なに言ってんだって思いますけど、勢いで家を出るのは若いうちしかできないんだよねーって自分に言い聞かせています。

 

 

実家にいるのはやっぱりつらい。

どこかで気をつかいまくっている。

 

 

そして仕事場が遠い。

新しい仕事も不利になりそうです。

ああ、やっぱり、実家とは距離を置かないとわたしは生きていけないんだなって実感してます。

 

 

実家を出るのが先か。

夢を追いかけてそれで食べられるのが先か。

うーん。

今のわたしにはどちらも現実味がない話です。

 

 

そして、弟の彼女はたぶん妊娠してません。

嫁でもありません。

ただの弟のコバンザメのようです。

・・・勘違いも甚だしいな、わたし。

親も、わたしに対して勘違いしているのかもしれないな。

 

 

先日、母がぼそっと言ったんです。

「今日はもう一人の大食いがいないからね」と。

これは弟の彼女を指していて、弟が体格いいので、真似して食ってんじゃないかと推測しております。

この言葉、口に出して言ってみてください。

・・・強烈な嫌味です(苦笑)。

 

 

もうね、今までの自分、完全に糖質じゃんって、

自分に萎えてます。

 

 

 

 

ある友達の親が完全に毒親で、それをにおわすことを言ったんですね。

その子も「気が楽になった」と言っていました。しかし、約束してたのに連絡が取れなくなりました・・・。

同じ職場の後輩に連絡したら、仕事には行っているみたいなので、安心しました。

そうやって、色々言うのもよくないんだろうなあって思います。

もっと影響を考えて、自覚を持たなければ。

 

この言葉、だいっきらいなんですけどね。父がよく言った言葉です。

「お前の影響力考えろよ」と。

わたしは毎回思っていました。「こんな小娘に誰が影響されるの」と。

こんなにたくさん人間がいる中で、どうしてそんなこと言うのと。わたしは芸能人でも有名人でもないのに。

・・・父は何を予測していたんでしょう。

わたしの影響ってそんなに大きいんですかね。わたしに自覚がないだけなんですかね。

 

 

・・・ちょっとお風呂入ってきます。